読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほげほげ

プログラミング、英会話、ヨガ、料理などの備忘録など。

Dockerfileについて

DockerfileというDockerイメージを作るための設定ファイルについて調べたのでメモ。

Dockerfileについて

DockerはDockerfileからイメージをビルドできる。 Dockerfileはテキストファイルで、コマンドラインでイメージを構築するときに使用できるコマンドの全てを使用できる。

使い方

docker buildコマンドはDockerfileとからイメージをビルドする。 Dockerfileは指定することができ、PATHかURLである。 PATHはローカルファイル・システム、URLはGitリポジトリのURL.

次の例は、カレントディレクトリがコンテキストになる.

$ docker build .

コンテキストに/(ルートディレクトリ)は指定しない方がいい。多分コンテナから書き込まれるから?

$ docker build -f /path/to/a/Dockerfile .

これはカレントディレクトリをコンテキストにして、別の場所のDockerfileを参照する方法。

以下のように-tオプションをつけることでイメージを保存できる

$ docker build -t hoge .
$ docker images # hogeが登録されていることを確認できる

フォーマット

Dockerfileのフォーマットは以下です。

# Comment
INSTRUCTION arguments

INSTRUCTIONは大文字小文字関係なしだが、大文字の方がargumentsと区別しやすい。 はじめのINSTRUCTIONはFROMで、ビルドするイメージを指定します。 #で始まる行はコメント。

主要なINSTRUNCTION

  • FROM イメージを指定FROM hoge:tagname
  • CMD コンテナを実行した時に実行されるコマンド
  • EXPOSE コンテナがLISTENするポート
  • VOLUME ホストとのディレクトリ共有用のマウントポイント

参考

Dockerfile reference